Mobile view

info@adfile.jp

050.5840.0250

営業日: 月~金曜日(土日祝休み) 時間: 9時30分~17時30分(12~13時除く)

NEWS

ポケットフォルダー
   完成品タイプ »
  Aタイプ
  Bタイプ
  Cタイプ
  Dタイプ
  三つ折タイプ (6p)
ポケットフォルダー
   組み立てタイプ »
  Eタイプ
  Fタイプ
  Gタイプ (マチ付き)
  Hタイプ (マチ付き)
クリアファイル »
  オリジナルファイル
  名刺ポケット付きファイル
  落ちないファイル
  バッグ型ファイル(縦型)
  バッグ型ファイル(横型)
  封筒型テープ式(横型)
  封筒型差込み式(縦型)
  封筒型差込み式(横型)
  クリアポスター
後加工について
校正について
サンプル請求
配送先の追加 / 分納
キャンペーン・お得情報
お客様の声

<
2019.11
>
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
1 2 3 4 5 6 7













ホーム > クリアファイル > 封筒型ファイル差込み式(横型)
封筒型クリアファイル差込み式(横型)
整理しやすく、出し入れ簡単な封筒型クリアファイルです。
封筒のようにフタが付いているので、中の書類が飛び出る心配もありません。
フタ部分は開閉に便利な差込み式!必要な時にサッと取り出しやすい作りながらも、大切な書類をお守りいたします。大量の書類や冊子も入れられ、収納力抜群です。
紙製よりも耐久性に優れており、長い販促効果が期待できます。

溶着部分も含めた全面に印刷可能です。溶着部分は超音波着を採用し、書類をたくさん入れても丈夫な作りになっております。

封筒型ファイル差込み式(横型)
■サイズ A4 用(325 x 242mm)
■素材 PP(ポリプロピレン)素材
■厚さ 0.2mm厚
■印刷カラー オフセットUV印刷 /
4色フルカラー(CMYK)+ 白
■梱包 500部 / 箱(約17kg)
■納品方法 フタ部分は開いた状態で納品
■納期 14営業日以内 ※納期短縮応相談
■注意事項 溶着部分にも印刷できますが、溶着跡は透明となります。


封筒型ファイル差込み式(横型)
*ご注文は、各商品の価格をクリックしてください。

■表示価格は消費税込みです。
■配送先1カ所まで送料無料です。※沖縄県と一部離島を除く
■注文締切:毎営業日 午後3時(午後3時までに、完全データと入金完了をした時点を基準として翌営業日から納期をカウントします。)
■提示されていない数量のご注文はお気軽にご相談してください。別途お見積もりが可能です。
■白版の有無で金額は変わりません。


印刷・素材について
■オフセットUV印刷
UVとは、Ultra Violet(紫外線)の略。UV印刷とは、速乾性のあるUVインキ(紫外線硬化型インキ)を使用し、UV(紫外線)を
照射することで、インキを強制的に硬化(乾燥)させる印刷手法です。UV印刷は、PP・PETなどの化成品やアルミ蒸着紙など従来
スクリーン印刷やグラビア印刷でしか対応できなかった素材への印刷が可能であり、クリアファイル・パッケージ・ラベルなど、
様々な用途にご利用いただけます。


■クリアファイルのカール現象について
クリアファイルにオフセット印刷物を挟み込んだまま使用するとクリアファイルがカールする場合があります。これはクリアファイルに
良く使われている「ポリプロピレン(PP)」という素材が、印刷のインクに含まれている「揮発性有機化合物(VOC)」に反応し、
クリアファイルがカールしてしまうという現象です。現在、当社の製品に限らず、PPシートで作られた一般的なクリアファイル全般に
起こり得る問題です。これを避けることは技術的に不可能ですが、お取り扱いの際は印刷物を挟み込んだまま長期間放置しないよう、
また乾燥不足の印刷物をはさまないようご注意ください。


白版について
■透過について
白い紙に4色カラーを印刷する場合、デザインや写真画像等の絵柄の中の白い部分は紙の色の白を使用しますが、クリアファイルは
透明のPP(ポリプロピレン)を使用しているため、白打ちをしないと絵柄の中の白い部分が透明になってしまいます。


■白版の必要性
白版とは、透明なものへの印刷の際に、透けを防止するために、一度「白」インキで印刷します。そのときの「白」インキで印刷する
部分を指定した版を「白版」と言います。クリアファイルの用途によっても、中に入れる書類が透けない方がいい場合と、逆に見えていた
方がいい場合もありますので、データ作成は、完成した際の透明部分の有無によって、白版を作成してください。
基本的に写真やイラスト画像の後ろには白色を印刷しなければなりません。


白版データ作成の例
透明部分の有無
入稿データ
仕上がり
完成した際に
透明部分と
半透明部分
がある場合



 カラー(CMYK)データ   白版データ必要 


●注文ページの「透明の範囲を選択」では、
「部分的に半透明(部分的に白版:データ必要)」
を選択してください。
完成した際に
透明部分がなく、
全体が半透明の場合



 カラー(CMYK)データ   白版データ不要 


●注文ページの「透明の範囲を選択」では、
「全面が半透明(全面に白版:データ不要)」
を選択してください。

※白版のデータは、Illustratorで作成してください。
   Photoshop画像による白版作成は、エッジの品質が悪くなり、ズレが大きくなる場合があります。
※白版有/無しで金額は変わりません。
▶ データの作り方はこちらでご説明しています。
白版データ作成の例
透明部分の有無
完成した際に透明部分と半透明部分がある場合
入稿データ
仕上がり

注文ページの「透明の範囲を選択」では、「部分的に半透明(部分的に白版:データ必要)」を選択してください。

透明部分の有無
完成した際に透明部分がなく、全体が半透明の場合
入稿データ
仕上がり

注文ページの「透明の範囲を選択」では、「全面が半透明(全面に白版:データ不要)」を選択してください。


※白版のデータは、Illustratorで作成してください。
   Photoshop画像による白版作成は、エッジの品質が悪くなり、ズレが大きくなる場合があります。
※白版有/無しで金額は変わりません。
▶ データの作り方はこちらでご説明しています。



info@adfile.jp
受付時間外にいただきましたお問い合わせに関しましては
翌営業日以降、なるべく早くご連絡させていただきます。
お問い合わせ
050.5840.0250
営業日: 月~金曜日(土・日・祝日休み)
電話応対: 9時30分~17時30分(12~13時 除く)